高津区地域・医療・美容の情報サイト

高津区.jp - 地域情報ポータルサイト
高津区.jp - 地域情報ポータルサイト
高津区.jp - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮す、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
高津区.jp > 歯科医院 > 上田歯科医院

上田歯科医院

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
お役立ち便利帳 フェイスブック
モバイル
QRコード
高津区.jp
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
宮前区.jp
都筑区.jp
青葉区.jp
高津区下作延の町内会-下作延中央町内会
江戸川区時間 江東区時間
墨田区時間 葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
RSS RSS配信について
上田 重信 院長
インタビュー
上田 重信 院長 ウエダ シゲノブ
SHIGENOBU UEDA
上田歯科医院
生年月日:1954年4月25日
出身地:青森県
血液型:O型
趣味・特技:ゴルフ
好きな本・愛読書:推理小説/コナン・ドイル、アガサ・クリスティ、東野圭吾
好きな映画:ある愛の詩、めぐり逢い
好きな音楽:フォークソング
好きな場所・観光地:湘南、軽井沢
■この道を志したきっかけや現在に至るまでの経緯をお聞かせください。
小学校の時に「将来何になりたい?」と先生に聞かれて出た答えが、医者、歯医者、弁護士、パイロットでした。でも、先生から「夢を聞いてるんじゃないから1つにしなさい」と言われて(苦笑)、「歯医者さんになりたい」と答えたんです。私の父は東京で歯医者さんをしていましたから、その影響を強く受けていたいというところだと思っています。
大学を卒業し、大学病院の口腔外科を経て、最初は東京で開業しました。父と一緒にという選択肢もあったのですが、学んできたことも違いますし、2人でやるには父のところは手狭だということもあり、東京の東十条で13年間歯科医院をおこなっていました。
『上田歯科医院』として、この場所にに居を定めたのは15年ほど前のことになります。改めて考えてみると、歯医者さんになってもう30有余年が経過したことになります。これまでに培ってきた経験を生かしながら、患者さんにあらゆる意味で負担の少ない治療をおこなっていきたいと思っています。

上田 重信 院長 上田 重信 院長

■『上田歯科医院』の特徴をお話しいただけますか?
当院の看板には一般歯科としか記されていませんが、私が口腔外科出身の歯科医師であるということをどちらかでお知りになり、親不知等の処置にお見えになる方が少なからずいらっしゃいます。
口腔外科を学んだものであれば、まずはお口の中全体を診ようとするものです。例えば、たんなる口内炎だと思っていたものが、私の方でよく診てみると「前ガン病変」、ガンに至る前の段階であったということが過去にありました。あるいは、舌の一部分が白くなる状態を舌苔(ぜったい)と呼びますが、それを見れば、「胃腸の調子が悪いのかもしれない」といったことをアドバイスすることもあります。
舌の異常や口内炎などの症状は「どこに行けば良いものか?」皆さんも迷われるところだと思いますが、それらは全て口腔外科の範囲となります。お口を診て全身の疾患をチェックするというのは言い過ぎかもしれませんが、歯牙だけを診るのではなく、お口の中から発見出来るものは患者さんに伝えていきたいと考えています。

■『上田歯科医院』の診療方針を教えてください。
上田 重信 院長私どもはいわば村の歯医者でありますから、なるべく保険診療の範囲内で治療をおこなうということを重視しています。もちろん、最初から瀬戸物やセラミックの使用(※補綴物として)を求められる方には、そのご希望に沿うようにしていますが、基本的には保険の中での治療をと考えています。
ヒポクラテスの定義というものがあります。ヒポクラテスとは古代ギリシャの人で、医学の父と称される人物です。その人の考え方として現代に伝わっているのが、「そこに病の人がいれば、その人を助けてあげなさい」という教えがあるんです。本当の医療とはそうあるべきだと私は思っていますし、等しく質の高い医療を提供していくべきだと考えています。

■歯を失った場合の選択肢をどのように考えておられますか?
口腔外科出身の歯科医としてインプラント治療を手掛けることもありますが、あくまで私個人の意見としては、インプラント治療は全てに於いて万能というわけではありません。例えば、骨の薄い人、あるいは歯周病が相当程度に進行している人にはインプラント治療は適当だとは考えてないんです。
歯を失った方に対して、第1の選択肢が入れ歯であり、入れ歯がどうしても気が進まないということであれば、次に考えられるのがブリッジ。インプラントは次の次、第3の選択肢という順序になります。無論、選択されるのは患者さんご自身であるべきですから、将来の可能性を含めたお話をさせていただき、その方が納得して、希望される治療をおこなっていきたいと考えています。

■最後に地域の皆様へメッセージをお願い致します。
「患者さん」は英語では「ペイシェント」となりますが、今の時代、それは「クライアント」に変化しているのではないかと思っています。クライアント、つまり、依頼人ということですね。
我々の側が、例えば医学的に最良だと思われるものを患者さんに提示したとして、それが必ずしも患者さんにとって最良だとは限りません。先程お話をした歯を失った場合がまさにそうです。患者さんの「こうして欲しい」という気持ちを汲みとり、それに沿った提案をしていく。患者さんに寄り添い、お口に関する良き相談役としてこれからも歩んでいきたいと考えています。

※上記記事は2013.1に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
医療法人社団 高和会 内田内科 Hair & Resort グランジ 北山田店 アビリオ矯正歯科クリニック 港北肛門クリニック お見舞いグッズ - ナオルヤ 株式会社アートブルー
山響楽器店 チャイルドランド・グループ 東京ドクターズ mama-on 東京ドクターズ mama-on